容量の用途

容量の用途

iPhoneには16GBと32GBの製品があります。この2つには容量の大きさの違いがありますから、用途に合わせて選ぶ必要があります。しかし、iPhoneやスマートフォンを使い慣れているわけでもなければ、容量を大きくするべきか、小さいもので済ますべきかは、中々イメージがつきにくいと思います。この容量の選択は、iPhoneの購入にあたって、とても大切なことなので、しっかりと選び方を学んでおきましょう。

iPhoneには、なんといってもアプリケーションの存在が大きいです。アプリケーションは、外部からスマートフォン内にインストールして楽しむものです。また、アプリケーションをスマートフォン内にインストールするごとに、容量を侵食していきます。そのため、容量が不足すれば、アプリケーションをインストールすることができなくなります。

容量が不足すると、もう二度とアプリケーションを新しくインストールできないのかというと、そんなことはありません。スマートフォン内にある既存のアプリケーションを削除したり、音楽や映画などの容量を侵食するものを削除すれば、容量に空きが生まれ、また新しくアプリケーションをインストールできるようになります。

    Copyright(C) 元スマホ使いが思うiPhoneのココが良い All Rights Reserved.