スクリーンショット

スクリーンショット

スクリーンショット……パソコンを頻繁に使う場合はよくご存知の方もいらっしゃると思いますが、この機能は、iPhoneにもあります。スクリーンショットというのは、写っている画面を、画像データとしてコピーすることで、後で見たり、メールに添付して外部に送ることもできます。つまり、iPhoneの画面自体を撮るカメラ機能のようなものですね。パソコンの場合は、キーボードにプリントスクリーンという専用のキー(このキーを押すことで画面が保存される)が付いているほど、一般的な機能です。

さて、iPhoneの場合も、パソコンと同じようにコマンド入力をすることで、スクリーンショットが行えます。スクリーンショットという機能が、iPhone内に入っているわけではないので、注意が必要です。そのやり方は、ホームボタンとスリープボタンの同時押しです。iPhoneには、ホームボタンとスリープボタンがあると思いますが、その両方のボタンを同時に押すことで、カメラのシャッター音がして、画面がコピーされます。

スクリーンショットで撮れた画像データは、通常のカメラ機能の保存場所の「カメラロール」に保存されているので、見てみましょう。その画像データを好きに扱えます。

    Copyright(C) 元スマホ使いが思うiPhoneのココが良い All Rights Reserved.